現在、構築中です。
2021.12.2更新)

  「気象寺子屋」 塾生無料

  おしらせ 朝日新聞「私の視点」全国に[気象寺子屋」災害対策を(2021.10.12)

             

  現代版 
「気象寺子屋」の目的・事業

1.「気象寺子屋」を全国的に展開し、
気象、浸水・洪水、地震、津波など自然現象の仕組みを学ぶ。

2.寺子屋の参加者は地域の老若男女のほか、学生など年齢を問わない。

3.行政による防災対策と連携し、補完する。
  ● 市町村長による避難勧告・指示などについて、行政と地域との
    「情報飛脚」の役目を果たす。

4.寺子屋は命や財産を守るための実践的行動を行い、地域の絆を深める。
  ● ハザードマップの点検と実地踏査
  ● 台風の襲来などについてのタイムライン(行動計画表)の作成と訓練
  ● 全国の気象寺子屋の活動状況などを共有し、情報交換を行う。

5.寺子屋は小中高の地学教育の向上に資する。

6 寺子屋の授業は講師と塾生が双方向で進める。
  ● 可能な限り、IT技術を利用し、PCやタブレットを用いる。

7.寺子屋の開催場所は市町村の公民館などを利用する。
  ● 講師は気象予報士、防災士、気象庁OB、有識者とする。
  ● 講師をお願いできる方はご連絡ください。(別記のアドレス)

8.「気象寺子屋」教本を作成し、利用に供する(左フレーム)。将来、教本を刊行したい。
   
9.寺子屋の開催などの案内を、県および市町村の広報誌などで行って頂きたい。

10.寺子屋は、ボランティアによる運営を目指しますが、可能ならば講師の謝金、交通 
   費の補填のほか、一般や企業などからの支援を期待します。




 

===========================================================================

古川 武彦 (理学博士)

311-2203

茨城県鹿嶋市浜津賀524-33

TEL0299-69-9280、携帯:090-9004-8738

E-mail: takefuru@eos.ocn.ne.jp

「気象コンパス」(URL: http://www.met-compass.com

「気象寺子屋」 (URL):http://www.met-compass.com/terakoya/terakoya.html

===========================================================================